冬の星空が似合うファンタジックでメロウなナンバー – 苺畑でつかまえて

苺畑でつかまえて [Analog]

 

サニーデイ・サービスの新曲「苺畑でつかまえて」がリリースされました。

2000年に解散する前のサニーデイといえば、若さ故の痛々しさやキラメキを感じさせる歌が特徴でした。

同時期デビューは、フラワーカンパニーズやミッシェルガンエレファントなどのロック色が強い人達。そのなかで

90年代、若者達の退廃的かつ刹那的な姿を切り取り、表現することができたのは、漫画ならやまだないと、音楽ならサニーデイ・サービスだと私は思っています。

再結成後、良い意味で大人になった楽曲をリリースしていた彼等ですが、新曲は、解散前のサニーデイを彷彿させる美しいメロディラインと、ファンタジックな歌詞。

もう、なんか、大好き!!!!

カップリング含めて大好きだっっつ!

ヘッドフォンで聴きながら星空を見上げていると、日常からフワッと空へ連れ出してもらえたような感覚になります。

この独特の浮遊感はサニーデイならではですね。

結成20周年を迎えても、なお瑞々しい音楽を提供してくれるサニーデイに乾杯!

 

この記事を書いた人

うーじー
この人が書いた他の記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSoundeedsをフォローしよう!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL