相撲気分が高まる曲4選

琴奨菊優勝!で相撲ファンたちは大いに沸いていますね。
かくいう私も、小学校6年生からの相撲ファンなので
それはそれは盛大に沸いております。

そこで、今日は相撲気分を高める曲4選ご紹介します。

 

Israel Kamakawiwo’ole「Tengoku Kara Kaminari(Thunder From Heaven)」

E Ala E

ハワイ出身のスモウレスラー、曙、武蔵丸、小錦を讃える歌です。
遠く離れた異国での苦労とその功績をハワイアンの緩やかなリズムに乗せて歌っています。
最近はグルジアやエジプト、ロシアからも力士がやってきていますが、
異国での生活、ましてや厳しいしきたりのある相撲界では大変な苦労があるのですね。
余談ですが、イズラエル本人もスモウレスラーばりの恰幅の良さです。

 

須永辰緒feat. 敷島 a.k.a 安治川親方「上を向いて歩こう」

Choice by Sunaga t experience

角界のサブカル番長として名高い敷島(現:浦風親方)がレコード番長、須永辰緒とコラボしています。
「DJ敷島」を名乗り、夜な夜なDJ活動にいそしんでいる親方は、
この曲でブルージーで力強い歌声を披露しています。
相撲取りは歌が上手いと言われることが多く、現役力士では勢関なんかが大注目されていますね。
浦風親方となったDJ敷島も、チェックしてみてください。

大相撲力士会「ハッキヨイ!大相撲 ひよの山かぞえ歌」

ハッキヨイ!大相撲 ひよの山かぞえ歌

子どもたちにも相撲に興味をもってもらいたいと、親方勢が集まって歌うこの曲。
注目すべきは、呼出・利樹之丞です。角界一のイケメン呼出と呼ばれていますが
良く通る美声の持ち主で、その声は、幕の内弁当に夢中になっていた人々が顔をあげる程です。
歌の出だし、利樹之丞の声にテンションあがること間違いなし。

 

吾妻光良&The Swinging Boppers「栃東の取り組み見たか」

Senior Bacchanals

見た見たー!!!
とついついテンションがあがってしまいますが。
平成14年の場所、栃東と朝青龍の取り組みを歌にしています。
相撲の内容も立ち合いからガチンコで流血するという激しいもの。
この曲を聴くと、その激しい内容を思い出しテンションがダダ上がりです。
取り組みもyou○ubeにあるので、チェックしてみてくださいね!

 

まとめ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSoundeedsをフォローしよう!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL