何気ないプロフィールなのに心掴まれる – 告白

告白

ASA-CHANG&巡礼がどんどん進化している。

アニメ「惡の華」のエンディングテーマを作った人達というと「あぁ」という人もいるのではないですかね。使われた「花」という曲は2001年にリリースされた楽曲を、アニメ用にセルフアレンジしています(10年以上前の楽曲とは思えないですよね)。

 

そんな彼らが今年の3月に、久々のNew albumをリリースしたのですが、その中でもおすすめしたいのが

「告白」

MVを手掛けた、勅使河原一雅の公式プロフィールをそのまま歌詞にしています。

プロフィールって、個人の略歴だからサラーっと読んじゃうし、勅使河原さんのプロフィールも実際ビックリするようなエピソードもなければ泣かせるポイントもない、ごく普通のものです。

でも、なぜだろう。胸が掴まれる。

バイオリンの音色のせいでしょうか。それとも繰り返されるコトバのせいでしょうか。

流されるように経験を積んだ過去。そして今。たくさんものを作る未来。

人生の諸行無常感がたゆたっています。

出会いと別れが同時にやってくる春にピッタリな楽曲…というには少し難解ですが、春のフワフワした脳に緩やかな刺激を与えたい方にピッタリではないでしょうか。

MVも不思議な魅力が詰まっていますよ。

 

この記事を書いた人

うーじー
この人が書いた他の記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSoundeedsをフォローしよう!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL