考えてはあきらめ、でも、あきらめきれない – 若者のすべて

TEENAGER

 

フジファブリックの「若者のすべて」

Bank Bandもカバーしていたので、そこでさらに聞かれるようになりましたね。

歌詞についてはこちらに良記事がありましたので、割愛します。
http://hacosato.hatenablog.com/entry/20100820/wakamononosubete

いつもライブの映像を見ると涙が溢れてきてしまって、止めどめなく悲しく?いや、違いますね、、、
う〜〜〜ん。。。切なくなります。

この人の人生を勝手に思い描いてしまって、、、知る良しもないのにですね(^_^;)

バラードじゃないのに泣かしてくれる曲が好きで、今人生でそんな曲に何曲が出会わさせていただいています。そのうちの1曲ですね。

志村さんはこういう世界観の描き方が特に上手だなと感じています。完全なる主観ですが、高校生くらいの年代の、いいも言わせぬあの時代に抱く感情を描かれてしまって。。懐かしいやら恥ずかしいやら。

たくさん名曲を残してくれてありがとう。

この記事を書いた人

がみ
がみ
宮崎でITベンチャーから非ITベンチャーへ転職したWEB系のエンジニア。路上から始まったバンド人生は、いろんな人に支えられ大人の趣味となりました。旦那業を兼務しながら一児のパパを生業とするサーバエンジニア。
この人が書いた他の記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSoundeedsをフォローしよう!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL