別れの予感が現実になる瞬間 – Last Dance

Last Dance

 

イントロを聞くだけで、胸がキューーーーンとして、泣きながら抱きしめたくなる、そんな「泣きしめたい」曲をご紹介します。

 

Air「Last dance」

 

Airというと、「Me,We」だとか「Right Riot」なんかが有名なので、重厚感のあるバンドサウンドイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

Airとして活動する前のSpiral life時代も轟音ギターが注目されていましたが、そもそも繊細なボーカルの持ち主なので、こういった切ないメロディラインを歌わせたら、右に出るものはいないのではないかと思います。

 

いつからか離れていってしまった心を元に戻すことはできなくて。

そのことに抗うことなく、涙をこらえてまた歩き出すためのラストダンス。

 

…泣きたい!あの頃の私を泣きしめたい!!(←いつ?)

この曲が収録されているアルバム「My way」には轟音ギターも楽しめるし、泣きしめソングも満載のお得アルバムになっています。

そしてAir名義で活動していた車谷氏は今Laika came back名義で活動をしています。

こちらもだいぶ泣きしめたいソングにっているので、合わせてどうぞ

この記事を書いた人

うーじー
この人が書いた他の記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでSoundeedsをフォローしよう!

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL